不動産購入の際に知っておきたい!仲介手数料を値引きする方法

>

仲介業社を介入させる目的

不動産購入の目的

不動産を購入する目的は、様々なパターンがあると思うのですが、昨今は、日本の限られた土地を取得することを目的としている人もいるのかもしれないですね。

だって、海外の富裕層の方からすると、魅力的に映るでしょう。
そして、テレビ番組などやインタネットなどでも、秘境に暮らす人を取材してることもありますからね。だから、上下水道の設備が整っていなくても、土地の権利を取得したい人はいるでしょう。

または、投資目的であるかもしれないですね。目的や動機は人によっても違うかもしれないですが、行き着くところは、自己満足の一種ではないでしょうか。

これは、あくまでも私の偏見の極みということです。しかし、人の持つ欲望が科学や技術を進化させる原動力となっていることも事実です。いずれにしろ、取得できるという立場を有効に活用することも時代を進める一歩なのでしょう。

不動産、購入し活用する道筋

どんな物件でも購入するというわけではありません。活用する目的があっての購入であることが多いのではないでしょうか。
だって、土地や家屋などは、所有しているだけでも固定資産税という税金がかかってくるのですからね。
将来的に家屋を立てる目的で土地だけを購入する場合もあるでしょう。例えば、実家の隣の土地が売りに出されたりすると、他人の手に渡る前に、押さえておいて、将来的に家屋を建築しようかなとど考えるのも、自然なことでしょう。
そして、将来的に、実家の家屋を取り壊し、二世帯や、三世帯の住居を建築するという夢もあるかも知れません。不動産を購入できる人は、行き当たりばったりの生き方ではなく、やはり計画性を持っていきているようにも想像されますから、私ごときが心配する余地は皆無でしょうがね。