不動産購入の際に知っておきたい!仲介手数料を値引きする方法

>

生産性の無いように見える仲介手数料

大手の企業

全国的に展開している企業は、それなりの情報もありますね。
そして、サービスというかどうしても、ネットワークの維持管理や、店舗の維持管理に経費が必要となってくるので、料金もそれなりだと感じるのは、特別なことではないでしょうね。
それは、大手の得意とするところでしょう。
そして、最新の情報やネットワークを入手できるということにもつながりますよね。
信頼に値するというのでしょうか。
それは、テレビでのCMで何度も見ている看板であると、なぜか信頼感が、初対面でも生じてしますということなのですよね。

それは、資本を持っている企業のなせる技にはまってしまっていると思いながらも、CMを信じてしまう自分がいるのも否めないです。

まちの個人事業主

大手の資本力に任せて、全国的にCMを流している企業に対して、町の個人事業主として生計を立てている不動産屋も存在するのではないでしょうか。
国家資格である、「宅地建物取引主任」の資格を持っていれば、個人事業主として事業を展開することも可能でしょうし。
また、資格を所持していなくても資格を持っている人と一緒にやれば良いのですからね。重要事項説明書に記載する人が資格を持っていればいいのですから。
そして、一般に情報が公開されていないお得な掘り出し物の情報を握っているのも、こうした町の不動屋さんではないでしょうか。このような方を上手につきあえると、お得な情報が入手できるかもしれないですね。
また、人情派の方なら、手数料を安価に抑えるコツなども伝授していただけるかもしれないですね。